スズキジムニー4値引き

ジムニーが欲しい…

新型スズキジムニー4代目モデルが7月5日に発売されます。フルモデルチェンジということで注目を集めていますよね。

 

また、ジムニーシエラもフルモデルチェンジで3代目を同日に発売するので、楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

 

そんなジムニーですが、人気車種で新型モデルということもあり値引きがかなり難しい状況です。

 

値段が落ち着くまで待つという人もいるかもしれませんが、すぐにでも欲しい方や1円でも安く購入したい方は、下記で紹介する手順を踏めば最大値引きで購入することも不可能ではありませんよ(^^)/

 

順を追って確認してみて下さい。

 

スズキジムニー4値引き手順

@総額を確認する

まず1番初めにやる事は、ジムニーを買った場合に総額でどのぐらいかかるかを知っておくことです。
車体代金とオプション代金、その他費用で大体どのぐらいの費用がかかるのかを確認しておきましょう。

 

A複数店舗から見積りをとる

次に、スズキジムニーを扱っている販売店(ディーラー)に行きます。この際2店舗以上は必ず回るようにしましょう。そして見積もりを取ります。
複数店舗を回る理由は、お店や担当の営業マンによって同じ車の見積もりを取っても値引き額が変わるからです。

 

B愛車を査定しておく

実際に店舗に行き複数のお店から見積もりを出してもらったら、次にやる事は、自分の愛車の下取り額を知ることです。
今乗っている車の下取り額をできるだけ高く査定してもらうことができれば、値引き交渉の際は有利になりますので。
インターネットで一括査定などを利用すると無料で複数の店舗から査定をしてもらうことができますので、そういったサービスを活用しましょう。

 

C値引き交渉する

車の査定額がわかったら、最後に、ジムニーの販売店へ行き実際に金額を出してもらいます。
出してもらった見積書を見て、車の下取り額が自分が調べた査定額よりも低いようでしたら、思い切ってガンガン値引きさせましょう。
こちらは先に愛車の査定額(相場)を把握していますので、営業マンに対して強気で値引き交渉をすることができますよ。

 

まとめ
  1. まず新型ジムニーを購入するとしたらいくらぐらいかかるかを確認しておく。
  2. 次に販売店を複数回り見積もりを取る。
  3. 愛車の査定額を知るために一括査定を利用して相場を把握。
  4. 販売店へ行き総額を出してもらい、下取り額が安ければ値引き交渉する。

 

先に今乗っている車の査定額を把握しておくことで、営業マンとの値引き交渉も強気の姿勢で限界まで値引きさせることができます。

 

新型ジムニーは、人気車種ですのでなかなか車体価格やオプション価格を下げる事は難しいです。

 

そこで1円でも安く購入するために、自分の車を高く売ることで費用負担を軽減させることができますよ。一括査定はネットから無料で簡単に申し込みことができますので、めんどくさいことは先に終わらしておくと良いです。

 

一括無料査定ができるサイト

カーセンサー.net

 

カーセンサー.netは、リクルートが運営する中古車情報サイトです。

 

カーセンサー.netでは、一括無料査定ができますので、複数社の見積もりを比較して、1番高い査定価格を知ることが出来ますよ。

 

査定申し込みは簡単90秒で完了するので、時間があるときにネットから査定依頼しておきましょう。

 

>>カーセンサー.netの公式サイトはこちら

 

一括査定.com


一括査定.comは、国内の優良自動車流通事業者がつくるJADRI(一般社団法人 日本自動車流通研究所)が運営する車買取、車査定の一括査定サイトです。

 

他のサイトですと査定会社は40社前後ですが、一括査定.comは70〜80社前後となるのでより高く査定されやすいですよ。

 

簡単40秒で無料査定ができますので、公式サイトをご覧ください。

 

>>一括査定.comの公式サイトはこちら

 

さらにカットできる費用

下取り査定料(約5,000円〜8,000円)

下取りはディーラー側から言ってきたにも関わらず見積りに入っていることが多いです。
その点を指摘することで無料にしましょう。

 

下取り車続き代行費用(約5,000円)

ディーラーが買い手なので本来はディーラーが支払うべきものです。
よってそれを指摘し支払いをしないように指摘しましょう。

 

車庫証明手続き代行費用(11,500円〜20,000円)

車庫証明は管轄の警察署に行き「車庫証明書をください」と言えばOKなので簡単です。
必要書類に記載して提出すると、1週間ほどで出来上がります。2,000円〜2,200円くらいの費用で発行できますよ。

 

納車費用(約7,000円〜10,000円)

納車費用は自分で販売店に行けばもちろん0円になります。
下取り車と交換にしておけば、ディーラーまでの移動でも困ることもありませんよ。

 

 

この上記4つの費用は見積りに入っている場合がほとんどですので指摘するようにしましょう。
値引き交渉の最終段階で切り出すのがオススメです。

 

 

新車を購入するタイミングとは?

私も今まで乗っていた軽自動車が古くなりボロボロなので、新車を購入したいと思いました。いろいろ調べてみると6つぐらい購入するタイミングがあるそうです。

 

1つ目が車検のタイミングですね。これは誰しもいちど考えたことがあると思います。例えば、次の車検までのろうとか、車検までに車を売ろうとかですね。

 

車検の有効期間は最初の登録であれば3年間です。それ以降ですと2年間となってますね。車検は販売店(ディーラー)に頼むと結構高くて、数十万円する場合もありますから、こんなに高いならもう買い換えてしまおうかと言う話になりやすいんですね。

 

それ以外のタイミングとしては、ローンを全て払い終わったタイミングで新しい車に乗りたくなったり、事故や故障で車が乗れなくなったり、新しいモデルが出たときや引っ越し前後などは特に新車を購入するタイミングとしては多いようです。

 

私も、新型スズキジムニー4を値引きして新車で購入したいと考えています。
それぞれ購入のタイミングはあると思いますが、今一度このタイミングで購入すべきかどうか考えてみるのも大切ですね。

 

 

新車購入体験談

僕は大学生のころに初めて車を購入しました。初めて購入した車はワゴンRでしたが、本当に欲しかったのはジムニーです。

 

しかし、ジムニーは生産終了しており、購入するならが中古車になってしまう事や中古なのに人気車種なので相場が高かったりするので購入できませんでした。

 

大学生のバイト代ではどうしても購入できなかったんですよ・・・。

 

新車を買うなら親が頭金だけ出してくれると言われていたので、お金のない僕は別の車を買う道を選んでしまったのです。

 

大学生の頃なので普通の軽自動車で充分満足でしたが、いつかがジムニーに乗ってみたいという気持ちがずっとありました(ノ_・。)

 

あれからもう10年ほどたったと思います。車はワゴンRから別の車に買い替えていますが、なんとジムニーのNEWモデルが出るというではありませんか!!

 

驚きました!もう買うしかありませんね(^^)/
10年越しで夢をかなえられるとは、、、

 

 

よくある質問

下取りと買取の違い

下取りと買取の違いって何なのかよくわからなかったりしますよね。実は下取り査定にも買取の要素は含まれているんです。見かけは大きな違いはなさそうなのですが、目的自体は結構違っています。
買取はあくまでも、再販を目的にしているのに対して、下取りは新車を購入する支援という要素が非常に大きいです。
よって下取り査定額は相場よりも大きく超える条件提示されることもあるそうです。

値引き限界値はどう見極める?

値引き限界値ってどう判断していいか分かりにくいですよね?交渉して少しでも安くなったのであれば、もっと値引きできるかもと粘りたくなってしまします。
そこで一つの値引きの目安ですが「営業マンの口数が減ったとき」は結構値引きの限界値に近いです。
値引きを抑えるトークがなくなったと考えられますので、そこで最後の大勝負に出ましょう。

合い見積り、断り方

断るときはどこで購入するか決まって契約をした後に断るようにしたほうがいいです。まだ決まっていない(未契約)の場合、食い下がって粘ってくるめんどくさい営業マンもいるので。
すでに契約したのであれば、営業マンもすんなりあきらめるでしょう。

page top